www.asiacreativearts.net

ショップでどれもの契約カードが使えるわけではありません。□クレジットカードの加入店は多くの場合たくさんのクレカブランドと契約しているんですがちょっと不便ですが商店でみなの種類の決済できるわけでもありません。一例をあげれば古い店舗の際にはJCBマークの付いているクレカしか決済不可な状況もあるし、最近の契約店舗ならばVISAとかMasterCardのマークの書いたもののみしか決済不可なときもあります。ダイナースクラブカードなどのクレジットカード会社だったら、増して切れない場所が増えるはずです。何のブランドの所有クレカが使えるかどうやって確かめたらいいのか「じゃあどのような方法でどのようなクレジットカードが使えるか確かめたら良いか?」という質問だけど正確にチェックするには商店の人に確認してみる以外ないというのが残念ながら正しい回答です。とはいえほとんどの店舗や料亭には加盟店の入口のところに切れるカードの印が書かれたステッカーが掲載されているので「そうなんだ、あの店はアメリカンエキスプレスカードが使えるのね」というのが分かりやすくなっているので安心してもらえると思います。いっぽうで、細かく契約管理が出来ていない加盟店舗で切るときには、ロゴステッカーが掲示されている店舗でも「うちではご提示いただいたクレカはご使用になれません」などの案内を受けてしまうなどという状況もないともいえず、頭が真っ白になってしまう状況に出くわしかねません。欲を言えば可能な限り十分な数のショップでクレカが使えるようにしたいならば、異なる種類の印(国際印)が書かれている一般的なビザカードMasterCard、ダイナースカード、アメックス、などのクレカを2、3枚使えるようにしておくようにお勧めします(例:UCカードを持っているならその次はダイナースカードブランドのカードを使用する等)。日本においてはVISA、MasterCard、JCBの3つのロゴが入ったクレカを常に財布に入れておけば、よほどのことがない限り100%の契約店舗でどれかしらのクレジットカードを渡す機会があります。クレカをいつも財布に忍ばせて有効的にスマートな支払いを目標とするのであれば、早いうちに万能に対応できるクレジットカードを申し込んでおいていただくようお勧めします。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.asiacreativearts.net All Rights Reserved.