www.asiacreativearts.net

クレカを契約解除する際の申請手順については案外たやすいことですが解約するに際してチェックしておきたいいくつかの留意点に関しても理解しておけばクレカの契約失効をうまく終えることが出来るようになると思われます。気をつけるべきことをまとめさせて頂きました故、気をつけて頂きたいと思います。カード会社登録後半年も経たずすぐに無効化はやってはいけない≫カード加入したあと時間を置かないで即そのクレカを使用取りやめにすると信用のない顧客という風にクレジットカード会社にの内部で認定されてしまう事態がある(あくまで度々契約⇔機能停止するということを実行してしまったケース)。特筆すべきは成約時のサービス・ポイントのゲットが目的である際にはギフトカードあるいは限定特典というような加入時の利点を残らず味わったというような理由で直ちに契約解除の電話をしたくなってしまう思いもわかるがクレジット会社サイドの立場において見れば恥知らずの利用者には絶対自社ブランドによるクレジットカードを持って迷惑をかけられたくないと考えるという意思決定が下されても当然。ですから、仮に加入時のプレゼントに目がくらんでクレジットカードなどを申請してしまった際にも、直ちに登録解除手続きを行わないで最低でも6ヶ月、余裕があれば1年クレジットカードについては有効にして契約解除の電話はその後で行うというような工夫を推奨したい。また入会時の優待券に限ったことではなく同様に申請してはみたのはいいがいつ使えばいいかわからないななどと考えてしまう様なときにあっても、最低でも発行してから半年以上財布の中のクレカを持ちしておいてください。クレジットカードの使用者サイドが思っているよりカードという代物を事務作業等を含めて作るときの経費や手間はかかってしまうものだと理解して、ほんのちょっぴりお詫び・・・と相手の事情を想像して下さるとお互い気持ちよくなれるでしょう

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.asiacreativearts.net All Rights Reserved.